カテゴリー
不用品の寄付 不用品は捨てないで寄付 法人・自治体との取り組み 遺品整理

★「不用品の寄付」受取が難しいお品物 ★

~■2024年7月18日 現在■~

日頃、沢山のお品物を、郵送(宅急便)などで、お送り下さいまして、誠にありがとうございます。

寄付品でございますが、「物量」「流行」などの関係から、在庫過剰などの問題が起こり、「受取が困難」となるお品物が発生しております。

「受取が難しい」「受取ができない」不用品(寄付品)に関して、リアルタイムにお伝えするのが、難しい状況でございますが、できる限り、このブログ内で発信伝達させていただきたいと思います。

★受取が難しいお品物★

■ファイル(紙を綴じるファイル類)

・時代の流れで、海外、国内ともに、紙を扱う機会の減少で、特に海外は、国内以上に紙を保管する習慣も少なく、またネット文化の浸透で、需要が供給を上回り、受取りが難しくなっております。

※特に、法人様から大量に届きます、「キングジム」などの書類をファイリングする文具が、過剰な状態で受取不可となっております。

※コピー用紙なども、需要の問題で在庫過剰となっておりまして、受取が難しくなっております。(ノート、メモ帳などは、需要がありますので、大丈夫です。)

■マスク

・コロナ禍も収まり、特に、海外ではマスクの需要が減少、現状は、国内でのリユースを試みておりますが、寄付として届く物量が、需要を上回り、過剰在庫となっております。

■作業着

・特に、法人(企業)様より、作業着(ユニフォーム)などのデザイン変更に伴い、寄付の相談が多く寄せられます。作業着は、何故か?海外での需要が低く、「普段着として、着られる洋服」を、海外からは求められております。ただ、現在「新品(未使用)の作業着」のみ、受取が可能ですが、条件がございまして、「和歌山県橋本事業所」のみ受取可能となっております。

※「作業着に関しては、「埼玉県深谷事業所」では、受付は行っておりません」

■ビニール製の傘(ビニール製のかさ)

・「折りたたみの傘」、「布製の長い傘」は人気がありますが、ビニール製の傘は、海外では人気がなく、受取が難しいお品物となっております。傘をさす文化が、日本ほどないことも考えられますが、傘をさすこと自体が、ファッションとして、楽しんでいるように感じます。

■その他

・「コンビニエンスストアに置いている、プラスチック製のスプーン、フォークなど」

■その他、取扱いが難しいお品物

 ↓↓↓

+++++++++++

【アース&チルドレンの活動】のご紹介

寄付の取り扱いのお品はコチラをクリックください

【不用品(不用品)の寄付の仕方】

■「段ボールに入れて送るだけ」の簡単、郵送寄付

  ↓

 1.段ボールを用意します

 2.不用品を、段ボールに入れます

 3.宅急便で送ります

(送料元払いにて、お送りください)

※事前の連絡など一切不要です。

< メインサイトは、こちら >

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0-%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E7%94%BB%E5%83%8F-2-1024x436.png

https://www.earth-and-children.net/

++++++++++++

「EARTH and CHILDREN」(アース&チルドレン)は、
「特定非営利活動法人 日本リユース協会」が、 ~地球と子供のために~「不用品の寄付」活動をしております。

捨てるには「もったいない」お品物を、郵送(宅急便)にて受取り、国内海外でリユース・リサイクルをすることで、地球の未来のために、環境問題に取組んでいます。

あなたが寄付した品物は、東南アジアを中心に海外の貧困家庭、子供、お友達などに届けられます。
また「海外の子供たちのために、収益の一部を寄付をする活動」も行っております。

当団体は、企業(法人)・自治体などにある、過剰品、余剰品などの不要品の寄付の受入れ、「CSR」「SDGs」の活動にも
積極的に参加しております。不用品の寄付で「SDGs」の活動にぜひ参加ください。

不要品の寄付で集まったお品物の一部は、「就労継続支援事業所」へ運び、「仕分け・分解・クリーニングなどの作業を、障害をお持ちの方々へ依頼することで、就労の機会を支援する活動にも役立てております。(遺品整理など、ご活用くださいませ)

※「海外に、輸出、寄付できないお品物」は、国内にて、リユース、リサイクルをさせていただきまして、「収益金の一部を寄付したり、海外寄付にかかる費用」に充てさせていただきます。